童貞が痴女の部屋を覗いたら、ラッキーS●Xが舞い降りてきた件

最近、私は向かいのマンションから覗かれていることに気がついた。
覗いているのは高校生くらいの男の子で、マジメそうでかわいい感じだ。

私は大事なところは見えないように気をつけながら、下着姿くらいは覗かせてあげていた。
あんな若くてかわいいコが私のことを覗いて興奮しているなんて、ちょっと嬉しかったから。

帰宅中、偶然にも近所のコンビニで出会ってから、その後・・・

そんな彼にばったり近所のコンビニで出会ったのは、飲み会の帰りのかなり酔っ払ったある晩のことだった。
私の顔を見ると、彼ははっとして、赤くなってうつむいた。
アルコールで理性がとんでいた私は、彼にそっとささやいた。

「ねえ、うちにこない?」
彼は驚いて私を見て、思いつめたように返事した。
「いきたいです。」

コチコチに緊張している彼を自分の部屋に連れて行き、ベットに腰かけさせた。
「君、私のこと、覗いてたでしょ?」

彼は真っ赤になってうつむき、
「すみません。」
とつぶやいた。

私は彼の横にくっついて座り、耳元でささやく。
「私の下着姿みて、興奮した?」

彼はぶるぶる震えながら、
「・・・はい。」
と答える。

「申し訳ないって思ってる?」
冷たい口調できくと、彼は私の方を振り返って、
「思ってます・・・。」
泣きそうな顔をした。

「じゃあ、君の恥ずかしいところをみせて。」
「え?」
「それで、おあいこにしてあげる。」
私はベットの向かい側にある化粧台のいすに移動して、脚を組んだ。

「まずねえ、服を全部脱いで?」
彼はゆっくりと服を脱いでいった。
ためらいがちに、パンツがおろされると、おとなしげな彼の外見に似合わない大きなペニスがそそりたっていた。
「あら。興奮しちゃったのかな?」
冷やかすようにいうと、恥ずかしそうに両手で隠す。

「ベットに腰かけて、オナニーしてみせて?」
彼は信じられないという表情で私をみたが、私が本気らしいのがわかって、ベットに腰かけ、左手をペニスに添えた。
「もしかして、私の下着姿もおかずになってた?」
ゆるゆるとペニスをしごきはじめた彼に声をかけると、彼はこくりとうなずく。

私は彼の前で、服を脱ぎ始めた。
下着姿の私を彼は呆然とみている。
「これでオナニーしやすくなったでしょ?続けて?」
ブラジャーにパンティだけの私の方をみながら、彼はペニスを左手でしこしことしごく。
「はあ・・・はあ・・・。」
息づかいが荒くなってきた彼の前で、ブラジャーをはずす。

ぽろんととびだした私のおっぱいに、彼の手が止まった。
乳首が興奮で大きくなった大きめのおっぱいは、自分でもいやらしいと思う。

続けて、この状況と彼のオナニー姿に興奮して、愛液でしめったパンティを脱いだ。
脱ぎたてでほかほかの湯気がたちそうなパンティを彼に渡す。
私が全裸で、いすに座ると、彼は渡されたパンティのニオイをかいだ。
「すごい・・・いやらしいニオイがする。」

いつのまにか左手は、リズミカルにペニスをこすっている。
彼の目は私の裸を舐めまわすようにみていて、彼の頭の中で、私はどんな風に犯されてるんだろうと思ったら、さらに愛液があふれだすのがわかった。
「もう・・・イきそう・・・。」

250x250

彼のペニスから白い精液があふれ出し、彼の左手を汚した。
私がティッシュを渡すと、彼は恥ずかしそうに、手をペニスをキレイにする。
「おつかれさま。帰っていいわよ。」
そういったのは、もちろん本気じゃなかった。

従順な童貞の願いに、痴女お姉さんは・・・

立ち上がって部屋をでていこうとした私に、彼が後ろから抱き付いてきて、彼の両手がおっぱいをわしづかみにする。
お尻にはさっき出したばかりなのに、大きくなったままの彼のペニスがあたっていて、私のアソコは期待にきゅんとしまった。
「ごめんなさい・・・でも・・・がまんできない・・・。」
彼の右手が私のアソコをなでる。
「あなただって、こんなに濡れてるじゃないですか・・・。」

私は左手でおっぱいをもまれ、右手でアソコをさわられながら、無言でいる。
「お願い・・・やらせて?」
彼は指で乳首をつまみ、クリトリスを刺激しながら、耳元で懇願する。
「君、セックスしたことあるの?」

口から漏れてしまいそうになるあえぎ声をおしころしてきくと、
「ないけど・・・たぶん、ちゃんとできると思います。」
童貞とのセックスははじめてだったので、わくわくした。
「ゴムつけるなら、いいわよ。」

ベットヘッドの引き出しを指差すと、彼は私をベットに向かわせる。
どさっとかさなりあうように倒れ込むと、彼は私にキスしようとした。
「キスはダメよ。好きなコとしなさい。」

彼はキスをあきらめて、乳首をしゃぶった。
口にいれたまま、れろれろしたり、指で乳首をころがしたり。
やがて満足したらしく、私の両足を開いて、アソコを舌で舐めた。
べろーっと舐めあげられただけで、あえぎ声がもれてしまった。
「あ・・・。」
「気持ちいい?してほしいことがあったら、教えて。」

彼はぺろぺろとアソコを舐めまわし、クリトリスや膣口、アナルまでていねいに舐めまくった。
いままでに寝たどの男よりも熱心に、執拗に舐めていて、まるで忠実な犬みたいだった。
「あ・・・ああ・・・はん・・・。」
私が声をもらすとさらに嬉しそうに、繰り返し舐める。
私はがまんできなくなって、
「もう入れて!」
と叫んだ。

彼はごそごそとゴムをつけ、私のアソコを指で開いた。
ちゅぷ・・・という音とともに、彼のペニスを迎え入れたアソコはこれまで飲み込んだこともないくらい大きいペニスに悦びの悲鳴をあげながら、さらに愛液をあふれさせた。
「すぐイっちゃいそう・・・気持ちいい・・・。」
彼はうっとりとした声で、ぐいぐいとペニスを押し進める。

押し開かれる感覚と満たされていく充実感で、私は返事をする余裕がない。
根元までペニスが入ったときには、アソコがはちきれてしまうんじゃないかと思った。
彼は少しずつ腰を動かし、確かめるように稼動範囲を広くしていく。

私のアソコは彼のペニスになじみ、まとわりつきはじめた。
彼は一度イったせいか、ゴムごしのせいかなかなかイかず、私だけ何度もイかされた。
「ああ・・・もう・・・出る・・・。」
激しいピストン運動の末、彼がゴムの中に精液をはきだすと、私は童貞をからかったことを後悔したのだった。