猫耳コスプレの女を辱めるS●X

「今日は面白いものを買ってきたよ。」
アイの部屋に着くなり、俺は大きな紙袋を開いた。

「何なに?」
嬉しそうなアイの顔は、俺が袋から取り出したものをみると、呆れ顔になった。
袋から取り出されたのは、猫耳ヘアバンド、猫の尻尾つきバイブ、猫の足型靴下、猫の足型手袋だった。

「じゃあーん。」
ウキウキしながら、テーブルの上に並べる俺をアイは冷ややかな目でみつめている。
「ねえ、それ、誰が使うの?」
「アイちゃんに決まってるじゃん。」
アイは眉をしかめて、首をふった。
「いやよ!」
「アイちゃんさあ、俺に借りがあるよね?拒否権はないよ。」

猫耳コスプレで辱めの罰を与える

にこにこしながらいうと、アイはぐっとつまった。
たいした借りじゃないけど、義理がたいアイにとっては大きな弱みだ。
「わかったわよ!」
アイは勢いよく服を脱ぎ、猫になった。
全裸に猫耳ヘアバンド、猫の足型の手袋と靴下をはめているアイはやたらといやらしい。

「じゃあ、尻尾つけてあげるね~。」
猫の尻尾つきバイブをもってアイに近寄ると、アイがおびえながら、俺にきいた。
「それ・・・どこに入れるの?」
「もちろん、お尻だよ。じゃないと、尻尾にならないでしょ。」
俺はローションを指にたっぷりと塗り、アナルに人差し指と中指を入れた。

「いやあ・・・やだ・・・ねえ・・・やめてぇ・・・。」
「大丈夫だよ。痛くしないから。」
ぐりんと何度か指をまわして、お尻の穴を広げたところで指を抜き、ローションのボトルの口をお尻の穴に入れた。
「いや、いや・・・。」
アイは首をふっているが、猫耳、猫手袋に猫靴下姿で、よつんばいになって、首を振っている姿はこのまま、つっこんでしまいたくなるくらいかわいい。

ぐちゅっとたっぷりお尻の穴にローションをそそぎこみ、同じくローションをたらしたバイブつき猫の尻尾をアイに入れていく。
細いバイブはアイのお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。
根元まですっぽりと咥えこむと、本当にお尻から尻尾が生えているかのようになった。

「尻尾ができたよ。すっごいかわいい。」
目の端に涙を浮かべているアイの顔を覗き込んで、猫耳のヘアバンドをした頭をなでると、アイはきっと僕をにらみ、
「しらない!」
と怒りをあらわにした。
「ごめん。スイッチを入れ忘れてたね。」

バイブで強引に攻めると、、、グチョグチョと卑猥な音が・・・

お尻に入ったバイブのスイッチを入れると、アイはのけぞり、驚いた表情になった。
「や・・・やだ・・・止めて・・・。」
よつんばいになって、お尻をつきだし、ふるふると震えている猫耳姿のアイはぞくぞくするほどかわいい。
「猫なんだから、にゃあって鳴かないと?」
手を伸ばして、両方の乳首を指でぎゅっとつまむと、目を見開いたアイが、
「に、にゃあ。」
と鳴いた。
「そうそう。」

250x250

乳首をつまんだまま、指の腹でこすると、
「に、に、にゃあ・・・あん・・・。」
とあえぐ。
俺はアイを仰向けにして、アナルに刺さった尻尾バイブをずぼずぼと動かした。
「にゃあん・・・いにゃあ・・・。」
一番奥に入れたところで、手をとめ、愛液があふれ出しているアソコをちろちろと猫がミルクを舐めるようにていねいに舐めた。

「あ・・・にゃ・・・あああ・・・なん・・・。」
奥の方まで舌を差し込み、れろれろと舐めながら、クリトリスを指でいじると、鳴き声はいっそう激しくなった。
「にゃ・・・にゃあん・・・ああん・・・。」
濡れて愛液がたれながされているアソコに中指を入れると、簡単に飲み込んでいき、根元までずっぷりと咥えこんだ。
指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。
「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」
ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで軽く引っかくようにすると、アイはのけぞって、アソコをキツくしめつけた。

猫耳女はさらに、エロいことを求めてくる

「イっちゃったのかにゃ?」
アイの真っ赤になった顔をみると、こくこくとうなずいた。
「下のお口にミルクをあげる前に、上のお口にあげようかな?」
アイの唇に先走りのこぼれるペニスを押し付けると、アイは舌を出してペロペロと舐めはじめた。
手は猫足手袋をしているので、使えない。

口に咥えては、舌を一生懸命からませている。
俺は自分の手でサオをしごきながら、アイのはしたない姿をながめた。
「ミルク、いくよー。」
どぴゅっと飛び出した俺のミルクはアイの口からはずれ、顔にかかってしまった。
顔射した俺はあわてて、アイにキスをしてごまかした。

自分の精液の青臭いニオイが気持ち悪いが、顔射をごまかすためにはしかたがない。
ちゅくちゅくと舌をからめて、顔に飛び散った精液も舌で舐めとった。

とろんとした目のアイはどうやら顔射を怒っていないようでほっとした。
ついでに、乳首をちゅばちゅばと吸い、れろれろと舌で舐めまわした。

「にゃ・・・にゃあ・・・。」
アイが猫足手袋をはめた両手で俺の頭を押さえる。
ペニスが回復したところで、ベットに腰かけ、アイに声をかけた。

「自分でミルクをもらいにおいで。」
アイはのろのろと立ち上がり、俺のひざの上にまたがると、腰を上げて、アソコに俺のペニスを飲み込みはじめた。
ぐぷっとアイのアソコが俺のペニスを包み込むと、アイのアソコの気持ちよさのほかに、アナルに入ったバイブの振動が俺のペニスを愛撫した。

俺は夢中で腰を振り、アイのアソコの最奥に、二回目でちょっと薄くなったミルクを注ぎ込んだのだった。